【第二話】思考の停止は奥羽山脈を四回越えるに至る⑤

 

という訳で10分ばかりの矢島駅周辺散策である

 

 

f:id:bonbonjin71:20200509153601j:image

 

バスはそれなりにあるようだ、帰りこれでも良かったか?と思いながら周りを見る。

 

少し歩くと地図があった。当然10分で周りきるルートの選定が必要である。

 


f:id:bonbonjin71:20200509153611j:image

 

結局近くをぐるっとすることにした。

酒蔵くらいは見つけられるか?と思ったが、見つからなかった。見つける時間も無かったのである。

 


f:id:bonbonjin71:20200509153621j:image

 

わーい、田舎だな。この雰囲気は嫌いでは無い。

 


f:id:bonbonjin71:20200509153558j:image

 

終点の先の道路から見た矢島駅構内。

すでに先ほど乗ってきた列車は車両基地に入り、違う車両が入線していた。

ぐるっと回って8分程度。得られたものはこのくらいだ。

 

今日購入した往復乗車券だったので少し不自然だったかもしれないが、またここから羽後本庄駅に戻る。レンタカー屋もないのでそれしか手が無いのだ。

 

7:46発 由利高原鉄道鳥海山ろく線 上り 普通 羽後本庄行 6D

 

先ほどとは違い、二両編成となっていたが、乗車できるのは前方の緑の車両で、後ろの赤い車両には乗車することができなかった。後ろの車両の座席には社員だろうか、女性がノートを広げ、何か思案しているようだった。

 


f:id:bonbonjin71:20200509153552j:image


f:id:bonbonjin71:20200509153555j:image

 

かかしコンテストなるものをやっているようで、かかしがたくさん飾ってあった。途中駅にもあったのだが、結構しっかりとした出来のものが多かった。

投票用紙も切符を買った時に渡されたのだが、どれが何だか分かりにくく、かつ投票箱の位置も分からなかったので投票はしなかった。

 


f:id:bonbonjin71:20200509153605j:image


f:id:bonbonjin71:20200509153615j:image

 

車内は殆どがボックスシートだったが一部横向きのシートもあった。机がついているのがデフォルトなのだろうか。

 


f:id:bonbonjin71:20200509153608j:image

 

そういえば行きですれ違った列車の中では学生がたくさん乗っていたのだが、皆机を使い、勉強していた。

 


f:id:bonbonjin71:20200509153618j:image

 

数多くのイベントも行っているようだ。魅力アピールや利用者数の増加は、経営の厳しい地方鉄道にとっては命題である。

 

個人的にはビール列車がとても気になった。

 

8:27着 羽後本庄駅 途中下車

 

帰ってきた。ホームでは遠足だろうか、子どもたちがたくさんいた。二両目はこの子たちを運ぶために連結していたのだろうか?

 


f:id:bonbonjin71:20200509153548j:image

 

朝日の眩しい羽後本庄駅である。プレハブだが新しいのでトイレは当時はそれなりに清潔だった。

 

…さて。ここからどうするのか。一度地図を見ていただきたい。

 

 

f:id:bonbonjin71:20200509155532p:image

 

残るは廃駅と北上線のみとなった。しかし、羽後本庄から横手駅に向かうには一度秋田を経由していかなければならない。

 

その場合のルートは、羽後本庄9:01発→秋田9:43着、10:16発→横手11:32着となる。そしてそこから廃駅のチェックイン…非常に効率が悪い。 

 

さらには北上線の時刻だ。10:35の次は13:49となり、横手で持て余す可能性が高い。

 

横手焼きそばでも食ってろ!確かにその通りなのだが、この後の予定を全く決めていないため、時間を余すのは非常に惜しかったのだ。

(わりと本気で気仙沼か女川あたりまで行こうとしていた)

 

 

結論、レンタカーを使うことにした。

 

突っ切れる、かつ、廃駅にチェックインしやすいという理由で、羽後本庄駅店で借りて横手駅店で乗り捨てるという究極の選択をすることにしたのだ。

 

横手は近いが奥羽本線からはチェックインしづらそうな廃駅どもめ…

 

 

f:id:bonbonjin71:20200509161129p:image


f:id:bonbonjin71:20200509161132p:image

 

制限時間はわずか2時間。ルート検索すると出る時間は1時間10分。給油、道路の混雑、返却時間、横手駅の写真…等。とにかく時間はないのだ。

 

結論としては大成功であった。

しかし写真は全く撮っていない。

唯一撮ったのが

 

 

f:id:bonbonjin71:20200509160941j:image

 

とても肥料臭い道の駅だけだった。

 

しかし、わずか1時間半のドライブだったが、非常に良い気分転換になった。

 

という訳で横手駅である。撮影時間が10時16分なのを考えると結構かつかつである。

 

 

f:id:bonbonjin71:20200509161413j:image

 

だだっ広い割には何も無い。本当に。

夜行バスはこっち口に止まるということを4年間の経験から学んでいる。窓から覗いただけなのだが。

 


f:id:bonbonjin71:20200509161448j:image

 

駅の中に入る。とても綺麗な駅だ。横手は最近よりマンガの街推しが強くなってきている気がする。確か「もやしもん」とか。違ったか。

 


f:id:bonbonjin71:20200509161417j:image

 

窓口とびゅうプラザもあった。綺麗な職場だ。こんな職場で働いてみたいものだ。

 


f:id:bonbonjin71:20200509161444j:image

 

ぶっれぶれ

 


f:id:bonbonjin71:20200509161435j:image

 

反対側の出口だ。どちらかというとこちらの方が栄えているイメージだ。

newdaysなどもこちら側にある。


f:id:bonbonjin71:20200509161432j:image

 

…ちなみに横手駅に来るのはこれで3回目だ。

1回目はバスで来た遠足のようなもの、横手焼きそばを奢ってもらった。

2回目は近くの温泉に入りに来た。レンタカーで。

今回も到着はレンタカーだったのでほとんど列車を使っていないのがよーく分かるだろう。秋田は車社会なのだ。


f:id:bonbonjin71:20200509161409j:image

 

当たり前だがSuicaの無い改札を通り

 


f:id:bonbonjin71:20200509161425j:image

 

1番線に降りると

 


f:id:bonbonjin71:20200509161428j:image

 

…もう君の顔を見ると安心するようになってきてしまったよ。

 

10:35 北上線上り 快速 北上行 3730D

 

こちらも一両なので一定数の乗車はあったが、混雑というレベルまでは到底及ばなかった。

ちなみに快速といっても3駅しか飛ばさない。それはもう普通で良いのでは?と思った。

 

f:id:bonbonjin71:20200509162443j:image

 

列車は途中、錦秋湖の近くを通るようだった。

何気なく撮った写真だが多分錦秋湖だ。気づくと岩手県に戻ってきていたらしい。

 

さてさて、北上に着く前にこの後どうするかを考えなくては…

 

一ノ関から気仙沼

小牛田から女川…

花巻から釜石?帰れないか…

 

それと同時にふと去来した思いがあった。

 

 

 

帰ってもいいんじゃねぇ?

 

 

 

つづく

 

 

今回の駅メモ成果!

 

f:id:bonbonjin71:20200509163515p:image

 

おうしょうせん!お前が通っていればレンタカーなど使う必要無かったのだよ……

 

そして遂に…


f:id:bonbonjin71:20200509161439p:image

 

Master of Akita!!yeah!!

獲得人数1643人…結構いる?

 

私の電友ID

VPPJTI1280

 

#駅メモ #鉄道 #旅行 #東北本線 #宮城 #岩手 #JR東日本 #鉄旅